ライブチャットと格差社会を真面目に考えてみましょう。

私は、20年以上前に風俗やキャバクラで200万円ほど使いまくって20代を過ごしました。AVも膨大な数を見て生きてきた私のような人間は珍しい人間だと思っています。そんな私が、今、ライブチャットの世界にどっぷりとハマってみて、思うことは、他の一般の真面目なサラリーマンとはかなり違うと思います。

私は、FANZAライブチャットのような、比較的新しいインターネット上のアダルトコンテンツは、未来の格差を分けるたいへん重要なオナニーツールだと真面目に思っています。どうして、そう考えるのか、真剣に自分の考えをブログに書いておこうと思います。

最初にこれだけは、言っておきたいのですが、今の日本の格差社会というのは、世界でも例を見ない特殊な格差だと思っています。比率で表すと、3対7とか4対6だとか、非常に分かりにくい格差だと思っています。

そして私が言いたいのは、30%層や40%層にならない努力をしなさいということです。そのために男性は、性欲処理について新しい考え方を持つべきではないかと言いたいわけです。もっと具体的に言えば、真剣に付き合う女性以外は、ライブチャットやAVで性欲処理をすべきだということです。

日本の格差問題とライブチャット

インターネットのライブチャットの特に現役のAV女優が出演するFANZAのアダルトライブチャットにハマっています。風俗やキャバクラなどに若い時期、200万円程度散財した私からすると、このライブチャットは、非常にお得なアダルトコンテンツに思えます。

コロナウイルスや梅毒がある今の風俗業界などで遊ぶことを考えれば、これだけ、ワクワクドキドキさせられてオナニーツールにもなるライブチャットのようなアダルトコンテンツは、お宝コンテンツといえます。

私は、たくさんの風俗遊びを経験した人間です。そんな私が、この25年くらいの風俗業界や日本の若い人たちの雇用問題を真剣に考えてきて思うのは、このライブチャットというのは、今の日本人にとって格差を分ける重要ツールではないかということです。

そんなことは誰も言いませんが、これからの若い日本人のみなさんは、とにかく、新しい日本の格差を上手く乗り切る必要があると思います。それは、私が、考える日本型格差です。このことは誰も言いませんが、今の日本の格差は、3対7もしくは、4対6ぐらいの2つの階層に分かれています。

それは、単純に言えば、大企業と中小企業のサラリーマンの違いや、大卒と高卒の違いで大きく分かれていると感じます。学歴社会は、もうなくなったと思っている人は多いのではないかと思います。とんでもないです。今の時代くらい学歴が格差に関係している時代は、日本の歴史の中でもなかったと思います。

この新しい日本型格差を上手く乗り切るために、オナニーツールとしてライブチャットがいいと私は真面目に思っているのです。

大企業と中小企業

私は、大学を卒業後、フラフラといろんな仕事に就いて、いろんな性体験、そして、いろんな人間関係などをたくさん見てきた方だと思います。そんな私が、痛切に思うのが、大企業と中小企業の違いです。私は両方の会社に勤めた経験から、大企業の方が明らかに優れていることを知りました。

この20年くらい言われてきた日本企業は中小企業がすばらしいだの技術立国がどうだのと言われてきたことが雇用の面から見ればいかに嘘かということに気づきました。今の若者に言いたいのは、ベンチャー企業が夢があるとか、中小企業にも、世界一の技術を持つすごい会社があるなど、そんなのに騙されてはいけないということです。

雇用の面からすれば、大企業の方がいいに決まっています。それに、ベンチャーは、ほとんど上手くいきません。おそらく確率的にいえば、1万分の1とかそんな確率でしか、自分が定年するまで雇ってくれるベンチャーなんてほとんどないと思います。それに、中小企業は人間関係が非常にたいへんです。

上司や他の社員と喧嘩になったからと言って部署をすぐに変えてくれるとはかぎりません。小さいと配置転換する場所さえないのですから中小企業はたいへんです。それに、一生役に立つ技術なんて1つも学べないと思います。一般的に中小企業ですと、NC旋盤を使うような技術を技術職と言います。しかし、もし、NC旋盤なんて10年やったとしても、転職すれば、転職先では、信じられないぐらいの低賃金になります。

中小企業は給料自体もすごく安いです。私が声を大にして言いたいのは、就職するなら、絶対に大企業です。FANZAのライブチャットを使っているような人で、出会い系アプリなどを使って、彼女を見つけたり、不倫相手を見つけたりする人がいると思います。

そんな人が失敗するケースに多いのが、中小企業で働いているような女の子と遊んでしまうことです。いろいろと理由を書きますが、中小企業の場合、付き合っていいのは、ダンナがしっかりとした大企業で働いていて、自分は、アルバイトの主婦だとか、または、ダンナが公務員で自分はアルバイトで事務をやっているだとか、そんな女の人に絞るべきです。

間違っても、高卒で中小企業に勤務して、そこで生活のすべて依存しているような女の子などと結婚しては、ダメです。ですので、いい彼女が見つかるまで、ライブチャットみたいなインターネットのアダルトコンテンツで遊ぶことについて何が悪いのかと思ってしまいます。

大卒と高卒の違い

中小企業に勤めている時に痛感したことなのですが、女の子の中にある明確な格差を感じました。それは、話をする言葉の内容と教養ですね。明らかな違いがあることに気づきました。その違いは、大卒の女の子と高卒の女の子との違いです。

男の人の間では、そんなに違いはないのかもしれません。しかし、女の子はこの学歴格差について極めてドライです。高卒の女の子と大卒の女の子は、基本的に話もしません。お互いがお互いを敬遠するようなところがあります。

それで注目したいところがなのですが、トラブルを抱え込む確率や、貧困になりやすい確率など、どちらが大きいかといえば、それは間違いなく高卒の女の子です。やはり、いつの時代も、学歴というのはある程度の違いを発揮するのです。

こんなことがありました。ある日、会社に行くと、会社の若い高卒カップルが話をしていました。仲良く話をしているなと近くで話を聞いてみると、この前、貸した30万円を返してくれなんて言ったりしています。パチンコに散財したお金を返してほしいということなのですが、高卒カップルには、こういうもめ事が多いのです。

それに健康問題。性感染症の梅毒について問題だとすでに語りましたが、今の若い人の食生活はひどい人が多いです。まだ、未成年の時から、タバコを吸いまくってしかも、家に帰るとインスタントラーメンとビールを飲むと言っていた男の子がいました。その時のその男の子は、夜間高校の現役学生で、17歳ぐらいだったと思います。

普段の食生活もひどいもので、昼休みなどは、毎回、コンビニ飯を食べていました。この若い男性が、その後、いろんな病気にかかりました。1番ひどかったのは、胃潰瘍です。それに、腰痛を発病して歩き方までおかしくなり、20歳を過ぎたあたりから、もう老人のような歩き方になったのを今でも覚えています。

高卒の若い女の子というのは、そんな不健康な男性とでも平気でお付き合いをして、子供まで作ってしまうから目も当てられないです。だから、普通のサラリーマンの人に言いたいのです。彼女が欲しいだとか不倫相手が欲しいだとかよく気持ちは分かるのだけど、相手をちゃんと見なければいけません。ですので、ライブチャットでAV女優を見て、オナニーで性欲処理するのも私は真面目に悪くはないと思っているんです。

ライブチャットでAV女優の爆乳と潮吹きオナニーを楽しむ会。

Uncategorized
hirokiganbareをフォローする
ライブチャットで抜けるAV女優の爆乳と潮吹きオナニーを楽しむ会。
タイトルとURLをコピーしました