不倫とライブチャットとの比較

現在、日本経済は何をやっても上手くいかないと言われています。厳しい経済環境になっていると誰もが言います。まさにその通りで、一時期、大流行したパチンコチェーン店なんて大倒産時代に入ったし、フランチャイズで定番だった、からあげ屋やラーメン屋も、もうどれだけ努力しても競争が激しすぎてうまくいかなくなってきています。

コンビニ経営なんて、とんでもなくて、今では素人が絶対に手を出すなと言われる業種となってしまいました。そんな中で、コロナウイルスの影響をうけずに、まだまだ、成長している産業があります。それが不倫産業です。不倫ビジネスは、秘かにこの10年くらいの間に大流行した成長産業でした。

目の前でいろんなビジネスをやっている会社がたくさんあります。どのビジネスも苦しんでいますし、10年同じビジネスで食えている会社なんてほとんどありません。しかし、ラブホテルが潰れたなんて聞いたことがありません。不倫ビジネスは、隠れて大儲けしていると思っていいと思います。

コロナウイルスでダメになってしまいましたが、その前まで、居酒屋チェーン店は、日本中に店舗展開をしていました。一時期は、コンビニの数よりも、居酒屋の方が多いなんてジョークがあったくらいです。なぜ、居酒屋は、あれだけの数、いきなり増加したのでしょうか。

これは、やはり、居酒屋は、不倫産業の1つだったからでしょう。個室に入ってお酒や料理を提供する密室スタイルが不倫カップルに大いにウケて週末の不倫デートに大いに適していたわけです。だから、不倫需要を追い風に、居酒屋チェーン店などは激増しました。

それに、もう1つ、出会い系サイトや出会い系アプリの激増ですね。これが、不倫産業発展の決定打になりました。インターネットが、日本中にいろんなカップルを誕生させました。

非常にお値打ちだった現代の不倫

不倫ビジネスが激増した背景には、まだ理由があって、1番大きいのは価格の安さです。大人のカップルが不倫すると、1回ホテルで休憩するだけで、5時間、6000円ぐらいで遊べてしまいます。割り勘にすれば、3000円です。

セックス以外に食事とお酒を飲んでも、2000円程度です。この2000円も割り勘にすれば、1人4000円です。4000円というのは、風俗やキャバクラで遊び回った経験のある人なら、非常に安いと思うはずです。こんなことだから、いろんな不倫カップルが激増してしまいました。

このような、いろんな理由があって、不倫産業は激増しましたが、ここへ来て風向きが変わってきました。それは、離婚の慰謝料です。インターネットなどを通じて、奥さんが、ダンナの不倫に対して法的なノウハウをたくさん蓄えるようになりました。ここ数年の芸能人の不倫騒動をネットなどで見て研究したことも大きいと思います。

それに、弁護士が、日本社会に激増したのも大きな理由です。仕事がないので、格安で仕事を受けるし相談は、すべて無料なんてサービスをする弁護士事務所まで出てきました。こんなことになってしまい不倫の慰謝料をコンビニで買い物するように簡単に請求する若い女の子が増えました。

これが驚いてしまうのですが、離婚して、子供がいた場合、月に10万円程度、20歳になるまで払わなくていけません。それは、一括で払う慰謝料とは別です。月10万円でも年間にすると、たいへんな120万円になります。10年払うと1200万円です。最近、不倫ブームが下火となってきたのも、このあたりの離婚した時の現実情報が若い人たちにも、伝わってきたことが大きいのではないかと思います。

個人的な考えにはなりますが、この離婚と慰謝料請求の簡素化とスピード化そして、格安化などが、今後これまでの不倫ブームを抑止することになると思います。私も、いろいろと不倫をやりまくりましたが、この慰謝料情報をいろいろと知ってからは、不倫はやめることにしました。ライブチャットやAV、もしくは、安全な風俗で遊ぶことにします。

ライブチャットでAV女優の爆乳と潮吹きオナニーを楽しむ会。

Uncategorized
hirokiganbareをフォローする
ライブチャットで抜けるAV女優の爆乳と潮吹きオナニーを楽しむ会。
タイトルとURLをコピーしました